本当のおもてなしって?

WordPressテーマ「FOCUS (TCD030)」
WordPressテーマ「STYLY(TCD052)」

こんにちは。Soleilつのだです。

セラピストが陥りやすいのは、「自己満足」。

来てくださるお客様に「気持ち良かった」と言われれば、鵜呑みにして自分で自分を持ち上げてしまうことがあります。

私もそうだし、今も心しています。

手には、パワーがあります。
「手当」と言われるように、お腹や背中をさすったりすると痛みが和らいだりしますよね。
それは、誰もが持っています。

手から思いが伝わり、ある程度、誰もが「気持ちいい」と感じます。

「あなたの「気持ちいい」を受けたい」とリピートをいただくこと。
これが、目指すところではないでしょうか。

「おもてなし」も、自己満足に陥りやすいひとつです。

「おもてなし」とはなんでしょうか。

広辞苑によると、おもてなしの語源は、とりなし、つくろい、たしなみ、ふるまい、挙動、態度、待遇 馳走、饗応とあります。
平安、室町時代に発祥した茶の湯から始まったと言われ、客や大切な人への気遣いや心配りをする心が築かれた日本の文化といえます。

「おもてなし」は「もてなし」に「お」を付けた言葉で、その語源は「モノを持って成し遂げる」という意味で、「おもてなし」のもう一つの語源は「表裏なし」、つまり、表裏のない「心」でお客様をお迎えすることだそうです。

「おもてなし」の最大の魅力は、『もてなす人の心』。「もてなし」とは「持って」「成す」、つまり、ものをもって成し遂げるということ。

どの人にも同じではなく、「どうしたらその方に喜んでいただけるか 、満足感を感じていただけるか」を常に考え行うことが「おもてなし」で、もてなす際の心のあり方・表現のしかたにあるということです。

「おもてなし」とは、究極の「お客様視点」と言えるのかもしれません。

上に書いたように、最大の注目点は、「もてなす人の心」です。

「もてなし」とは、自分がもてなしたということでなく、「人がもてなされたと感じ」て、初めて「もてなした」と言える。
フェイシャル導入時に、エステの先生に厳しく指導されたことです。

何事においてもそうかもしれませんが、施術者は自分の技術を過信し、特に起業初期などは、「自己満足」に陥りやすい。

お客様は、少々の不満があっても、「気持ち良かった」と言われるし、本当のことを言われない場合が多いです。

お客様がなんのために自分のサロンを選んでくださったか、そのニーズとウォンツにお答え出来ているか、謙虚に精進していくことも大切にし、おもてなしの心を持ってお客様に接し、愛し続けられるサロンを作りをしていきたいと思います。

 

 

WordPressテーマ「Avalon (tcd040)」

関連記事

  1. 何のために起業するのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おススメ記事 最新記事

最近の記事

  1. サロンからのお知らせ

    小顔美容矯正&筆リンパ~血行が良くなってスッキリ…
  2. フェイシャルエステ

    【ご感想】ブライダルエステ3回コース
  3. 小顔美容矯正&筆リンパ

    小顔美容矯正&筆リンパ~ほうれい線がなくなった~…
  4. 小顔美容矯正&筆リンパ

    小顔美容矯正&筆リンパ~目元や頬の辺りが変わった…

アーカイブページ

小顔&スクールLINE@ご登録

友だち追加
WordPressテーマ「Bloom(TCD053)」